鹿児島市の外壁塗装・屋根塗装ならスマイルハウス坂口工務店へお任せください!

スタッフブログ

外壁塗装で住まいを紺色に!についてご紹介(‘ω’)

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【外壁塗装で住まいを紺色に!ついて】ご紹介させていただきます(^O^)/

おしゃれで爽やかさを与えることができる紺色(ネイビー)。近年外壁塗装において人気の色で「爽やかでクールな印象にしたい」という方に選ばれている色です。

しかし一言で、「紺色で外壁塗装をしたい」といっても紺色一色で塗り替えるのか、他の色との組み合わせてツートーンで仕上げるのか、建物上部と下部どちらに塗るのかなどによって与える印象が大きく変わります。

自分のイメージ通りの仕上がりの色にするためにも、どんな配色が良いのかなど、しっかりイメージすることが大切です。

■1.外壁塗装で住まいを紺色(ネイビー)にした施工事例■

一言で紺色と言っても紺色の中に様々な色味があり、塗装する色や配色の仕方によって感じる印象が大きく変わってきます。

そこでまずは施工事例を見て、どのような印象になるか見てみましょう。紺色で外壁塗装したときの外壁をイメージすることからはじめます。

具体的にイメージできれば、塗装をお願いする業者にも「こんな仕上がりにしたい」と明確に伝えられるようになります。

①外壁を紺色にした施工事例

淡い紺色で塗装し、爽やかな仕上がりに。

定番の紺色×白色の組み合わせ。樋やベランダの棚も同系統の色にすることで統一感のある仕上がりに。

白×濃紺の組み合わせにワンポイントで葉っぱのイラストを描画。

紺色を1階部分に配色することで落ち着いた印象の仕上がりに。

黒色に近い紺色でシックな仕上がりに。

紺色のベースにサイディング模様を白色を塗装したことでデザイン性の高い外壁に。

紺色をラインに用いることでひと味違うおしゃれな仕上がりに。

ベランダのみ部分的に紺色を使うことで建物デザインを強調。

紺色×黒色の配色で、落ち着きのある仕上がりに。

全面を紺色にし、樋などの付帯部も黒色にすることで統一感のある仕上がりに。

ベランダのみ部分的に紺色を使うことで建物のデザインを強調。

紺色×白色の組み合わせ。屋根には黒系統の色を使用し、統一感のある仕上がりに。

1F部分は白色をベースに、部分的にピンクなどで塗装し、ポップでおしゃれな仕上がりに。

紺色のベースにサイディング模様を白色で塗装したことでデザイン性の高い外壁に。

紺色×白色の組み合わせで、爽やかさを演出。塀も白色にすることで統一感のある印象に。

紺色、水色、白色の3色を組み合わせることで、デザイン性の高い仕上がりに。

外壁を爽やかな紺色に、屋根にも淡い色を持ってくることで統一感のある仕上がりに。

定番の紺色×白色の組み合わせで爽やかな仕上がりに。

紺色を1階部分に配色することで落ち着いた印象の仕上がりに。

両端を紺色にすることでひと味違うおしゃれな雰囲気に。

②外壁塗装の「紺色」はこんな方にオススメ!

紺色は「落ち着いた印象で爽やかな感じの家にしたい」という方にオススメです。住まい全体を爽やかな印象に仕上げることができ、紺色のトーンが低くても重くなり過ぎることなく、落ち着いた印象の仕上がりにすることができます。

また、嫌味のない爽やかな仕上がりになるため、「落ち着いた仕上がりにしたいけど黒だと近所の目が不安だ」とお悩みの方にもオススメできます。

さらに、紺色には心身を落ち着けてリラックスさせる効果があります。家にやすらぎ、安心を求める方にも紺色はオススメの色です。

■2.外壁塗装で理想の紺色に仕上げる4つのポイント■

イメージ通りの紺色に仕上げるためにおさえておきたいポイントをお伝えします。一言で紺色と言ってもグレーや黒色に近い色など色味は様々で、塗料のカタログや色見本帳だけを見て色を決めてしまうと、塗装する前のイメージと実際の塗装後の仕上がりで大きく色が違って見えるという危険性があります。

イメージ通りの仕上がりにするために、ぜひ次のポイントを参考にして色選びを進めてみましょう。

①全体の配色を決める

外壁塗装で紺色に塗装する場合、外壁全体を紺色1色にする、上下・左右で塗り分ける、ベランダなど一部だけ紺色を取り入れるなど、様々な配色の方法があります。

まずは、紺色1色にしたいのか、上下・左右で塗り分けたいのかなど、外壁全体の配色についてご自身のイメージを固めておく必要があります。

配色を考える上で、参考にしていただきたい配色イメージをまとまめしたので、参考にしてください。

〇外壁の上下・左右で色を分ける〇

上下で分けて塗装する場合、上部を紺色に塗装すると他にはないような個性あふれる仕上がりになります。下部を紺色にすると落ち着いたイメージが演出できます。

〇部分的に色を取り入れる〇

ベランダだけ紺色にしたり、ワンポイントで色を変える方法があります。建物の形状にこだわりのある家であればデザインが強調されてオシャレになります。

このように、色の配色と合わせて、どこの部分を紺色に塗装するか、明確に決めるようにしましょう。

【紺色と相性の良い色はなに?】

それでは、外壁塗装で紺色を取り入れる場合、どんな色が相性が良いのでしょうか?オススメの配色をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

〇紺色×白色〇

紺色と白色の組み合わせは定番の配色です。海や空のような爽やかな色を連想させる人気の配色です。

〇紺色×水色〇

紺色と水色の組み合わせは爽やかな印象の仕上がりになります。同系色なので、統一感のある、まとまった印象を与えます。

〇紺色×グレー〇

紺色とグレーの組み合わせは、大人っぽい落ち着いた印象を与えます。グレーと紺色を組み合わせることによって、少し暗すぎるように感じたら、白色や茶色をポイント的に塗ることをオススメします。

〇紺色×ベージュ〇

紺色とベージュを組み合わせると上品で優しい印象になります。白と組み合わせるよりも色差が小さいため、柔らかい印象を与えます。

②色見本帳や塗料カタログをもとに理想の紺色を選ぶ

色、配色が決まったら様々な色の色味を確認できる色見本帳という冊子を見て、自分のイメージに合う紺色を探しましょう。塗料メーカーが発行している色見本帳を業者の方から見せてもらい、ご自身の気に入る色を見つけることができます。

※塗料や塗料を製造するメーカーによって、紺色の色味の種類が異なるため、色選びからこだわりたい方は塗料選びからこだわることをオススメします。

③大きな色見本板で実際の見え方をチェックする

色選びで一番多い失敗例が「仕上がりを見てみたら思っていた色と違う」という事例。このような失敗をしないためには「なるべく大きな色見本」で確認することをオススメします。

それでは、なぜ大きな色見本で色味を確認する必要があるのでしょうか?それは「面積効果」という効果によって、全く同じ色でも面積によって、色の見え方が違うからです。面積効果とは、色の錯覚の一種で全く同じ色であっても、小さな面積で見た場合と大きな面積で見た場合で見え方は違うように見えてしまう、というものです。実際に下の画像を見比べてみましょう。

いかがでしょうか?同じ紺色でも左側の小さい四角の方が、濃く暗い色に見えないでしょうか。面積効果という色の特性によって、面積が大きくなればなるほど、明るい色はより明るく、鮮やかな色はより鮮やかに、暗い色はより暗く感じます。

塗装する外壁は非常に大きい面積のものであるため、色見本帳などで確かめた色味とは違い色味に見えることもあります。

そのため、色見本帳やカラーシュミレーションで色を選んだあとは必ず大きな色見本板で色味を確かめる必要があるのです。

塗料メーカーが作成している色見本板ではA4サイズのものが一般的なようですが、業者によっては、A4サイズよりも大きいサイズの色見本板を用意している会社もあります。なるべく大きいサイズの色見本板で確認するようにしましょう。

また、色見本板で色を確認する際には、必ず屋外で色を確認するようにしましょう。屋内で見たときの色味と屋外で見たときの色味は感じ方が違うため、実際の外壁を見る環境と同じ環境(晴れた日の日中、太陽光の下)で実際に外壁に当てながら色見本を確認することで、イメージにかなり近い色を選びやすくなります。

以上のポイントをもとにイメージに合う紺色を選ぶことをオススメします。

■3.外壁を紺色にする際の塗料選びの注意点■

①耐久性が高く汚れにくい塗料を選ぶ

紺色は濃い色のため、ベージュなどの淡い色と比べて色あせや汚れがより目立ちやすくなってしまうというデメリットがあります。

この「色あせや汚れが目立つ」というデメリットを補うためには、外壁塗装する際の塗料選びで次の2つに当てはまる塗料を選択することをオススメします。

〇耐久性の高い塗料〇

塗料の耐久性が高ければ高いほど、チョーキングや色あせなどの劣化症状の発生を長期間抑えることができます。塗料の耐久性が高い塗料として一番おススメする塗料は「高耐久シリコン塗料」という塗料です。

この高耐久シリコン塗料は、製品によっては15年以上の期待耐用年数を誇る製品もあり、フッ素塗料や無機塗料などの高耐久塗料と比較しても費用を安価に抑えることができるため、近年人気の塗料です。

また、耐久性のより高い塗料で塗装したい、という方はフッ素塗料や無機塗料を用いて塗り替えることをオススメします。

〇汚れに強い塗料(低汚染性・防カビ性の高い塗料)〇

汚れに強い塗料は雨が降った後にできる雨筋汚れや、カビ・藻の発生を抑える効果があり、外壁の汚れを長期間防ぐことができる塗料です。

「汚れに強い塗料」の中でも特にオススメの塗料が「超低汚染リファインシリーズ」という塗料です。この塗料は優れた低汚染性能・防カビ性能を持つ塗料で、汚れ・カビの長期間の発生を防ぎます。また、太陽光を反射する遮熱性も併せ持っており、住まいを美しく、快適に過ごすための性能を発揮する塗料です。

超低汚染リファインシリーズと他社の低汚染塗料3種類をそれぞれ塗装した板を1年間屋外に放置し、どれだけ汚れが付着するか、確かめるための実験をした際の写真です。

超低汚染リファインシリーズは、他社の低汚染塗料以上に、汚れにくさを発揮する塗料であることがわかりました。汚れに強い塗料の中でも特に、超低汚染リファインをオススメします。

②塗料の艶(ツヤ)選びにも注意が必要

紺色に塗装すると、外壁表面の艶が目立つ場合があります。紺色は黒色に近い色であるため、光の反射が目立ちテカテカしているように見えてしまいます。

紺色のクールな印象とツヤツヤとした質感が合わないように見えてしまうことがあるので、艶の選択にも注意が必要です。

このように艶のある塗料と艶を抑えた塗料とでは違う仕上がりになります。光沢感のある仕上がりがよい、落ち着きのある仕上がりが良い、など艶の感じにこだわりのある方は、艶の選択にも気をつけて塗料を選ぶようにしましょう。

塗料の艶の種類は艶の程度によって、以下の5種類に分かれます。

・艶有塗料(全艶)・7分艶塗料・5分艶塗料(半艶)・3分艶塗料・艶消し塗料・艶有塗料(全艶塗料)が最も艶があり、7分艶・5分艶・3分艶・艶消しと、艶がなくなっていきます。

紺色の塗料で塗装する際に、光沢感のある仕上がりにしたい、という方は艶有塗料(全艶)を、光沢感のあるテカテカした仕上がりを抑えたい、という方は3分艶、または艶消し塗料、を選ぶことをオススメします。

〇塗料の艶はどの塗料でも選べるの?〇

各塗料製品は、上記の5種類のすべての艶のラインナップを備えているわけではありません。艶の程度を選択できるかは塗料製品によって異なり、全艶しかない塗料もあれば、全艶と3分艶を選択できる塗料もあります。

艶を選ぶ際には、塗料パンフレットに記載している製品情報を確認してみましょう。

③室内の温度が上がる?

白色は太陽光を反射するのに対して、黒色に近い色は太陽光を吸収しやすいという性質があるため、紺色にした場合でも室内が暑くなるのか?と気になる方も多いかと思います。

しかし、建物内に断熱材が施工されている建物であれば、外壁に紺色を選んでも、白色を選んだ場合と室内温度に差が発生しないことが多いです。

一方で外壁の表面温度は色の違いにより、大きく温度が変化します。特に夏場の暑い時期には黒色や紺色の外壁と白い外壁では、15℃以上も温度の差が発生すると言われています。

蓄積した外壁は非常に高温状態にあるため、間違えて触らないようにしましょう。

外壁塗装住まいを紺色(ネイビー)にしたい方に向けて実際の事例、色選びを進めるポイントをお伝えしました。まずは様々な施工事例をチェックし、好みの紺色や配色を選んでいきましょう。

そして、外壁をどんな仕上がりにしたいかイメージを膨らませた上で、色見本板やカラーシュミレーションを通して色や塗料を具体的に選んでいくことをオススメします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

屋根塗装・外壁塗装の工事をお考えの方や、お悩みのある方、

どのくらい費用がかかるのか、とりあえず見積りを知りたいという方、

どんな些細なことでも構いませんよ~(*^^*)お気軽にご相談ください!(^^)!♪♪♪

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら|鹿児島市の屋根塗装・外壁塗装ならお任せください
お問い合わせ
  • 無料イベントお申し込み
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE公式アカウント
to top